宣男社長の部屋に入ると、所狭しと夢や目標が壁一面に貼られており、
天井にも目標が書いてありました。
「西野部長、こうやって自分のしたいことを書き、その絵を貼っておくと、不思議と実現するんだよ。」と、よく言ってくれていました。
宣男社長が夢を実現するために実践していたことは次の5つのことです。

1.自分の考えを鮮明に結晶化する
自分がやり遂げたいことを明確にして具体的にしていました。
2.目標を実現するための計画を立てる
毎日、毎週、毎月ごとの目標をしっかりとつくっていました。また、「私の30年史」では、自分が年齢や実現したい夢を30年間にわたって具体的に表現していました。
3.心に描いた人生の夢に真剣な欲望を燃やす
いつも目標や夢に対しては真剣な熱い想いを抱いており、社員も私たちにも熱く語ってくれ
ていました。
4.自分の目標に対して「必ず実現する」という自信を持つ
「まずは行動」という気持ちをいつも持っていました。その行動力から大きな自信を得てい
ました。
5.成し遂げる強い決意を持つ
「これは必ず実現させるよ。」と、常に私たちにも語ってくれていました。

また、宣男社長は、毎年実施する経営計画発表会に向けて、発表会が近づくと、1週間程度、ひとりで部屋にこもり、向う一年のやるべきことと目標を具体的な経営計画書に落とし込んでいました。そして、経営発表会は、宣男社長が亡き後も引き継がれて、今年で30回を超えるまでになりました。
私たちは、宣男社長が描いていた「夢」を、さらに大きく育てていけるよう頑張りたいと思っています。

==
塾長ブログ以外にも必見がございます!
やずやの少数盛栄を支えている基幹やECシステムを動画やPDFで特別にご紹介しております!
ご覧いただくにはパスワードが必要になりますので、こちらよりお問い合わせ項目で「動画/PDF資料閲覧パスワード請求」をお選びいただき、お問い合わせをお願いいたします。

ご注意:閲覧パスワードは弊社にて審査後に送付いたしますが、審査結果により送付できかねる場合もございますので、予めご了承ください。