やずやの成長を語るときに、この人を外しては語れない人がいます。
「かたつむりおじさん」こと石川元則氏です。
宣男社長にとっては弟分の存在で、私にとっては「異母異父兄弟」の存在でした。
やずやの成長を陰になり日向になり支えてくれた人です。

また、私がやずやのコンピュータシステムを導入することにも関わることになった人です。
私と石川元則氏の出会いは、私が宣男社長と出会う一年前のことでした。
広島で開催されていたセミナーの講師として、
石川元則氏は人と人とのネットワークをテーマに熱く語っていました。

私は、その当時、コンピュータシステムの会社を経営しており、
社名が「株式会社ネットワークシステム」で、
石川元則氏の講演テーマの「根っとわーく」に親近感を感じ、
講演後の懇親会では意気投合したのです。
もちろん帰りの新幹線でも一緒でした。

この時は、石川元則氏が、宣男社長の弟分であることは、もちろん知るよしもありません。
それから、しばらくしたある日のことです。
石川元則氏から一通のFAXが入りました。
福岡での石川元則氏のセミナー参加の案内です。参加費は30万円。
とても興味があるテーマでした。

しかし、この当時の私は、コンピュータシステム会社の社長といっても、
多角化のために1億円の借金を抱えており、とても30万円のセミナーに行くことはできません。
「石川先生のセミナーに参加したいです。しかし、支払いも遅れがちな資金状態の私にとっては、
30万円を払って参加することができません。今回は欠席します。
しかし、頑張って石川さんのセミナーへ参加できるよう頑張りますので、その時はよろしくお願いします。」
私は、この内容を石川元則氏へFAXしました。

それから、またしばらく経ったある日です。
何と、石川元則氏が私の下関の事務所に訪ねて来てくれたのです。
この1年後に宣男社長と出会い、その2年後にやずやがコンピューターを導入する際に、
石川氏の後押しもあり、私がやずやのコンピュータシステムの構築を受けることになりました。

==
塾長ブログ以外にも必見がございます!
やずやの少数盛栄を支えている基幹やECシステムを動画やPDFで特別にご紹介しております!
ご覧いただくにはパスワードが必要になりますので、こちらよりお問い合わせ項目で「動画/PDF資料閲覧パスワード請求」をお選びいただき、お問い合わせをお願いいたします。

ご注意:閲覧パスワードは弊社にて審査後に送付いたしますが、審査結果により送付できかねる場合もございますので、予めご了承ください。