どんな会社であれ、現代では自社のホームページがないと会社の信頼性はほとんどないようなものです。

このようにホームページがあるのが当たり前になった現代ですが、ホームページとはまた別に集客経路があると自社商品の売り上げアップにも繋がりますよね。

例えば、ネットの広告やテレビC Mとかが集客の一番の入り口ではあるものの、自社コンテンツに導入しそこから商品が売れれば、それは広告費をかけずに獲得した顧客になります。

コンテンツは1度作ってしまえば、ほぼ永久的に消えることがありません。

今日はそのコンテンツマーケティングについて、未来館編集長の妹尾満隆(セノオ・ミチタカ)が解説をしていきます。

コンテンツマーケティングとは

ウェブ上(インターネット上)に価値あるコンテンツを、詳しく記載し行動に移してもらうことです。

ただし価値のあるコンテンツだからといって、一方的に解説したコンテンツではいけません。

難しい数字、難しい専門用語を連発したコンテンツを世の中に提供してもそれは独りよがりの自己満足になってしまいます。

言い換えると、読者の事を考えてコンテンツを作り『商品が売れる仕組み作り』の構築になります。

やり方は、顧客が検索するであろうワードに対して、質の高いコンテンツを作成します。

基本的にはこれだけです。

その後にそのコンテンツを読んだ顧客は、『ここまで詳しく書かれてるんだったらこのサイト(会社)は信頼出来る』と感じファンになってくれます。

このように信頼感が上がった顧客は、『問い合わせ』や『商品の購入』などの行動に移りやすいです。

この行動に結びつけるためのマーケティングの方法になります。

混合しやすいコンテンツマーケティングとコンテンツSEO

最終的な目標は、基本的には『自社商品への問い合わせ』や『商品の購入』なのですが、よく陥ってしまいがちな間違いがあります。

それはコンテンツSEOをやってしまうことです。

コンテンツSEOとは、SEOの施策によって自社のコンテンツを上位表示させる方法です。

これとマーケティングは同じではないか、と考える人は多いのですが必ずしもそうではありません。

分かりやすく言うと、導線が何もない状態でコンテンツが終了してしまうことです。

どう言うことか解説しますと、そのコンテンツを読んでもらって顧客にどうなって欲しいのか?

と言うのがない状態で終わってしまっては、ただの素晴らしいコンテンツだったね、で終わってしまうのです。

コンテンツを書いたのであれば、それを読んだ顧客に

『どんな気持ちになって』

『どんな行動をとって欲しいか』

までを考えて作らないとほとんど意味がないのです。

こちらのコンテンツを見てみてください。

弁護士が解説する無料法律相談のコツ|相談の仕方や流れも詳しく回答

こちらは、『弁護士 相談 不安』というワードで検索した際に出てきたサイトです。

サイトを見て頂くと分かると思いますが、相談前に沸き起こる不安な部分を事前に察知し、コンテンツでそれを安心感に変えてくれています。

そして、この文章を読んでいるうちにこのライターさんの人間味まで伝わってくるのは私だけではないはずです。

もちろん、ただ単に相談前の不安について書かれてるだけではなく、一番下にはライターさんのプロフィールがありそこを押せば『問い合わせ』出来るようになっています。

しっかりと導線が引かれ、コンテンツマーケティングのお手本とも言えるサイト構成になっていますよね。

どんな人に見てもらいたいかをターゲットする

自分が弁護士事務所のコンテンツマーケティング担当であれば、上記のようなサイトを作らないといけません。

これは読者さんが自社の場合であれば、ということを考えて導線を作らなければなりません。

ここで大事になってくるのはどんな人に読んで欲しいのか?

ということです。

あなたの会社が40代のシミに悩む女性に向けた商品を販売してるとします。

この場合、上記のターゲットはどんなことを検索するであろうか?

というのをイメージしてコンテンツを作らないといけません。

例えば、

『40代 シミ 予防』

『シミ 原因』

『シミ 薄くする方法』

などが考えられますよね。

上記のようにしっかりと、ターゲットが自社商品と関係があるであろうワードを見抜くことはとても大切です。

ただ闇雲に、ひたすらコンテンツを作るというのでは上手くいかないのは、分かりきったことですよね。

本来の内容とは 全く関係ないコンテンツの役割

anan、STORY、mina、MORE、美的、これらは全部女性向けの美容雑誌になります。

そして、これらは全部コンテンツマーケティングを展開しています。

ですが、全てに共通することですが美容とは全く関係のない記事もあります。

この美容に全く関係のないコンテンツってどんな意味があるのかを考えてみましょう。

今回は美的にフォーカスを当てて見てみましょう。

美的 食・レシピの記事一覧

こちらは、食やレシピのコンテンツが紹介されています。

表面的に見れば、美容とは全く関係がないように思われますがそれぞれの記事の中を見ていくと『ヘルシー』『ダイエット』

『女性に不足しがちな栄養』をメインにコンテンツが書かれています。

実はこれらのコンテンツの役割は、ほとんどの女性に共通する潜在的な悩みにアプローチする役割を持っています。

女性の方であればご存知の通り、ダイエットは永遠に尽きることのない悩みですよね。

ということは、これらの記事は女性であればほとんどの人が悩んでるため、検索のボリューム自体が大きくなります。

検索のボリュームが大きくなるということは、明確なターゲットではない女性が入ってくる可能性がありますよね。

ですので、この食やレシピの記事は潜在顧客を獲得するための記事だというのが分かりますよね。

潜在顧客から見込み顧客へ

見込み顧客じゃない人が入ってきたとしても、記事を読んでる最中や、読み終わった後にこんな化粧品があるんだ!これって実は私のことを言ってるのかも。

という気づきがあります。

例えば、右カラムやフッターなどはそれに当たります。

下記の画像は ナッツの栄養|種類別の効果・効能とは?おすすめレシピで美味しくキレイをチャージ の記事の右カラムになります↓

スクリーンショット-2019-09-23-10.15.05

こちらはフッターになります↓

スクリーンショット-2019-09-23-10.18.21

この食やレシピの記事に関して言えば、ターゲットはほぼ全員の女性なので、『これ!』と言ったゴールを1つにする行動を促すバナーやボタンがないのが特徴です。

ただし、その先のページに行ったらどうなるのかを見てみましょう。

右カラムの、「なりたい顔からコスメが見つかる」を押してみましょう。

 すると、下記のページに移動します↓

スクリーンショット-2019-09-23-10.38.31

ここから自分のイメージする顔を選択するページに遷移します。

その後このように、商品ページに移動します↓

スクリーンショット-2019-09-23-10.40.25 スクリーンショット-2019-09-23-10.40.33

このように、全く美容とは関係のなかったはずのページから、あなたは本当はこんなことに興味があるんじゃないですか?

という提案が入りそこに興味を持った人は購入まで結びつくように導線が張られているのです。

その記事の役割と階層を考える

コンテンツマーケティングを展開していく上で大事なのが、その記事がどの階層にあってどんな役割をするのかを明確にしておくことです。

上のサイトで言えば、

食・レシピのカテゴリーページ=アクセスを増やす記事

メイクの記事=商品の購入を促すページ

商品ページ=商品を購入してもらうページ

このように、

アクセスを増やすページ

商品を購入するページ

商品を購入してもらうページ

の階層を作り、自分が作ってるページがどこに当たるのかが分かっておかないと全体的に曖昧なサイトになってしまいます。

コンテンツマーケティングのメリット・デメリット

コンテンツマーケティングはメリットもあれば、デメリットもあります。

それらを分かった上で実践されることによって、より効率的な売上を上げることが出来るようになります。

まずはメリットから紹介していきます。

広告費を使う必要がない

広告によるマーケティングの場合は、広告をストップした時点でアクセスは0になってしまいます。

ですので、顧客を獲得するためには常に広告で獲得しなければなりません。

コンテンツを作っていくマーケティング手法なので、広告費が発生しません。

そして、公開してしまった記事は半永久的にウェブ上に存在するので、記事の更新をストップさせたとしてもアクセスを集めることが出来ます。

資産として形成される

広告と違い、記事が積み重なっていけばそれはウェブ上で常に集客をしてくれる媒体になります。

このことから、フロー型ではなくストック型で記事を積み上げることで資産としての役割も果たします。

小資金でスタートできる

サーバー代、ドメイン代が必要になりますがそれでも1万円かかることなくスタートすることが出来ます。

スタートアップでアフィリエイトが選ばれる理由もここにあります。

ニッチ市場であれば独占できる

化粧品、健康、引っ越し、株、FXなどは激戦区なので非常に難しいですが、ニッチな市場であれば質の高い記事を更新し続ければそのカテゴリーを独占することができます。

〇〇と言えばココ!

といった感じで業界のリーダーとして認知されるようになります。

 ではここからはデメリットを見ていきましょう。

制作に時間がかかる

記事を書くだけではありません。

上記でも説明してる通り、ターゲットを明確にし記事の役割を把握し導線を作らなければなりません。

記事の中が文字だけだと非常に読みずらいので、バナーの制作などもしないといけません。

これらをすることで、非常に多くの時間を削られてしまいます。

定期的な更新が必要

記事は最低でも10記事はないといけません。

そのカテゴリーのボリュームが大きければ大きいほど、記事数が必要になってきます。

また、検索エンジンであるグーグルから評価されるには定期的に更新してるサイトの方が評価され、上位に表示されやすい傾向にあります。

半年は何も効果がない

記事を公開して半年間はアクセスはほとんどありません。

これはなぜかと言うと、グーグルのアルゴリズムによって記事にどんなことが書かれてるのを調べるのに時間がかかるからです。

基本的には最初の半年〜1年目は効果が出ずとも辛抱しないといけません。

アップデートによって順位が変わる

グーグルは定期的にアップデートを行い、検索者により良い検索結果を出せるようにしています。

その時にこれまで自社サイトが1位だったのが、次の日には30位になってることもあります。

逆に30位だったのに10位に入ってきたりすることもあるので、変動リスクが付きまといます。

コンテンツマーケティングに向かない会社

スタートアップの会社で、まだ歴史が浅く世間的にも認知されてない会社は、あまりコンテンツマーケティングに向いていません。

なぜなら、グーグルは『老舗』を好む傾向にあるからです。

例えば、ここ1年に出来た会社かその分野で長年の実績のある会社が同じコンテンツマーケティングをやっていれば、長年の実績のある会社の方が信頼性があるのは現実の社会でも同じですよね。

ウェブ上でも同じで、昔からある会社やサイトの方が優遇される傾向にあります。

だからと言ってコンテンツマーケティングを諦めてはいけません。

自社の場合の状況を客観的に見て、コンテンツマーケティングにも使える時間や資源があるのであれば、スタートさせるのがいいでしょう。

スタートアップの会社であれば、広告を回していく方が圧倒的に早く集客をできるのがほとんどです。

コンテンツマーケティングで失敗してしまうパターン

一番陥ってしまう間違ってしまうパターンが、その検索ワードに対して間違った情報の記事を書いてしまうことです。

凄く分かりやすく例えるのであれば

『新型 アイフォン』

ってワードで検索する人に向けての記事を書くのに、これまでの歴代のアイフォンの歴史を書いてしまったり、アイフォンの使い方などを書いてしまっては読者が知りたい情報とは離れていってしまいます。

詳しく書いてあげないといけないのですが、『そのワードに対して』読者は何を求めているのか?

と言うのが分かった上でコンテンツを制作しないと、的外れな記事になってしまいせっかく記事を書いたのに誰にも読まれない記事になってしまいます。

この場合だったら、旧型のアイフォンとどこが違うのか、値段、大きさに代わりがあるのか。

などが読者が一番知りたい情報なのだと予測できますよね。

まずは自分が理解をしてから外注化する

文章を書く仕事なので、文章を書くのが苦手な方もいると思います。

なのでついつい外注に丸投げしてしまいたくなると思うのですが、1度自分で10記事程度書かれることをオススメします。

と言いますのも、自分がコンテンツの「導線の作り」や「見出しの付け方」や「読者に響く文章の書き方」が分かってないことにはそれを外注に回しても上手くいくことはまずありません。

なぜなら、自分が分かってないのに外注さんが分かるわけがないからです。

ですが案外これをやってしまってる会社が多いのも事実です。

本来の目的はコンテンツを通して、読者を満足させることだったはずなのに、コンテンツを大量に作ることが目的に変わってしまってるパターンですね。

残念ながら、このやり方ではグーグルには評価されずに外注さんに回したお金だけドブに捨てるようなものになってしまいます。

あなたがしっかりとコンテンツマーケティングを理解してから、外注さんに回さないと本末転倒になってしまいますので注意をする必要があります。

計画もなくコンテンツマーケティングをしない

お金をかけずに出来るマーケティングがコンテンツマーケティングです。

コンテンツマーケティングが、ブログアフィリやサイトアフィリと違うところは、戦略があるかないかの違いが大きいと思っています。

ブログ、サイトアフィリは裏技を使えば上位に表示させることが出来ます。

裏技を使いグーグルにバレたとしても、また次を作ればそれでいい訳です。

要するに使い捨てコンテンツタイプですね。

しかし、会社がコンテンツマーケティングで裏技を使っていてはその時はアクセスを多く稼げていても、長期的に見ればどこかの地点でほぼ確実にペナルティを受けるので、正しいやり方で進めなければなりません。

この会社はどんな会社で、どんなことを通して、どうやって世の中をよくしていくのか。

こういった明確な会社の経営理念を反映して、コンテンツマーケティングを進めることよってそれに共感する人々がファンになり顧客になってくれるのです。

まとめ

コンテンツマーケティングをしっかりと実践すれば、強力な集客のチャネルになります。

しかし、本来の目的である『お客様に質の高いコンテンツを提供する』と言うのから外れてしまうと全く役に立たないツールにもなってしまいます。

検索というのは、人が知りたいと思った時にする行動です。

その検索者の意図を読み取り、あなたの記事を読むだけで満足させることが出来るコンテンツ作りを目指して作ると、時間はかかりますが1年後や2年後に大きな成果を果たしてくれると思いますよ。